「フッ素ゴム」相談室
サンプル手配依頼仕事に使える情報集
フッ素ゴムのことなら加藤事務所にお任せあれ!
フッ素ゴムでお困りのことはありませんか?
ラバーステーションでは、フッ素ゴムの相談室を設置しました
当ラバーステーションの技術顧問でこの分野での日本の第一人者
杉谷和俊さんをお願いして、皆様ゴム人のご相談にお答え、
ご推奨ポリマーを選定します。

--*お客様の立場で考えます。*--
 フッ素ゴムと一言で言っても、現在その種類は非常に多岐にわたっています。


Fluoroelastomers DAI-EL TM



 同じカテゴリーのゴムでも、メーカー間で加工性を含めた性能差が明らかに
存在します。
メーカーに相談しても自社製品しか推奨してきません。
 お客様にとって本当に適した材料を選定するには、客観的な立場から、
お客様の立場からのアドバイスが必要です。

当社にはフッ素ゴムに35年以上従事してきた技術顧問がおり、あらゆる
フッ素ゴムの相談に的確なアドバイスが可能です。
製品形状、要求物性、成形方法、耐油、耐薬品性等を
提示して頂ければ推奨ポリマーを選定しますし、必要であればコンパウンド
での有償ご提供も可能です。フッ素ゴムはお客様が当社経由ではなく
直接ご購入されて結構です。

アドバイス料は一件 基本5万円からです。別途ご相談下さい。
内容を確認、アドバイス料金を合意してからのアドバイス作業となります。

1. メールでの質問は、こちらから入力して、メールでご質問ください。
 またはkazutoshi.sugitani@rubberstation.com までメールをお送りください。まずはご相談を。相談を依頼するだけでは無料です。

FAXの場合には、ご質問者の氏名、連絡先(電話、FAX,メール)を明記の上03-5645-8671 加藤事務所まで 質問内容をお送りください。
電話の場合には、03-5645-8670 加藤事務所「フッ素ゴム相談係」までお電話ください。

2.  どんな質問が対象ですか?

a)用途に適したフッ素ゴムの種類の選定
b)用途に適したフッ素ゴムのグレードの選定
c)それに伴う配合の提案

3. よくある質問の例

a) 各種あるフッ素ゴムの違いが分からない。
今抱えている
用途にどの種類を使えば価格も含めてベストなのか?
b)各社が製造している同じ様なフッ素ゴム間の違いが分からない。どれを選べば自社にとってベストなのか?
c)現在成形加工性で問題を抱えているが、解決方法を知りたい。
d)フッ素ゴム塗料を作りたいが、ポイントとなる点は何か?

4. フッ素ゴムのリンク集(会社名と代表的なブランド名)

ダイキン(ダイエル)
ケマーズ(バイトン)
 
ソルベイ(テクノフロン)
3M(ダイニオン) 
旭硝子(アフラス)
信越化学(SIFEL)
ご質問いただいた情報は第三者には漏洩いたしません。(加藤事務所及び回答者)

ゴム報知新聞オンラインニュースゴムタイムス紙ポリファイル(高分子と化学の技術情報誌)、米国Rubber & Plastic News紙米国RubberWorld誌欧州Europian Rubber Journal誌英国British Plastic & Rubber誌
更新日2016/03/02
All Rights reserved byShinichi Kato Office
このラバーステーション、ゴム情報リンクのすぺてのページについて、無断転載を禁じます。
−加藤事務所−