2001年春 米国ゴム学会
サンプル手配依頼仕事に使える情報集
加藤事務所&三菱商事株式会社では、2001年4月24−27日に
米国プロビデンス市で開かれる
第159回米国ゴム学会に
特派員を派遣します


今回の米国ゴム学会の発表論文を入手できます

今回のゴム学会での発表論文のリストは、こちらをクリックしてください(32ページ中、10から22ぺージが発表論文の題です)
発表論文入手業務は、有料です。入手手数料は1論文 ¥2500です。入手依頼は、こちらまで、メールまたはFAX(03-5645-8671)、電話03-5645-8670にて御注文ください。
申し込み者、送付先、連絡先と上記のリストでの発表論文タイトルをお書きください。

1今回の学会の発表論文のテーマ(約70論文)

4月24日
数学的モデル
厳しい環境下でのエラストマー
ナノレベルの複合体

25日
基礎タイヤ編(中重トラックタイヤ) 教育シンポジウム
電線ケーブルへの応用
ナノレベルの複合体
新/革新的な加硫コンセプト

26日
基礎タイヤ編(中重トラックタイヤ) 教育シンポジウム
ポリマーチューンのダイナミクス 討論会
インテリジェントタイヤ
乗用車用タイヤの材料と性能

27日
寄稿論文
詳細の発表論文のリストは、こちらをクリックしてください(32ページ中、10から22ぺージが発表論文の題です)詳細はこちらをごらんください


2.学会のご参加の方へのご案内

オンライン学会登録(3月26日までは割引料金)、提携ホテルの宿泊予約申し込み、レディースプログラム、記念マラソン大会、表彰式等については、こちらをご覧下さい。(29ページと31ページ)



3.今回 元東京農工大教授 田中康之先生が、米国ゴム学会にて2000年チャールス・グッドイヤー賞を受賞され、その記念レセプションが行われます。

詳細は、こちらの25ページをごらんください。Charles Goodyear賞については、こちらをご覧下さい。
ゴム報知新聞オンラインニュースゴムタイムス紙ポリファイル(高分子と化学の技術情報誌)、米国Rubber & Plastic News紙米国RubberWorld誌欧州Europian Rubber Journal誌英国British Plastic & Rubber誌
更新日2001/07/05
All Rights reserved byShinichi Kato Office
このラバーステーション、ゴム情報リンクのすぺてのページについて、無断転載を禁じます。
−加藤事務所−