「ゴムと金属の加硫接着」相談室
サンプル手配依頼仕事に使える情報集

ゴムと金属の接着、特に加硫接着でお困りのことは
ありませんか?
ラバーステーションでは、加硫接着の相談室を設置しました

当ラバーステーションの顧問でこの分野での日本の第一人者
江口力人さんをお願いして、皆様ゴム人のご相談にお答えします。
必要に応じて 接着試験の実施、接着剥離品の原因分析、不良対策の
アドバイスをします。


1. メールでの質問は、こちらから入力して、メールでご質問ください。

FAXの場合には、ご質問者の氏名、連絡先(電話、FAX,メール)を明記の上03-5645-8671 加藤事務所まで 質問内容をお送りください。
電話の場合には、03-5645-8670 加藤事務所「接着相談係」までお電話ください。

2.  どんな質問が対象ですか?

ゴム同士の接着、 ゴムと金属の接着、 加硫しながらの接着、加硫前の
リン酸化成処理、一般的に難しい接着(EPDMと金属の接着、 水系で
耐久性のある加硫接着剤等)等の対象です。
簡単なゴムの接着についてもお答えいたします。

3. よくある質問の例

1.NBRと金属の接着で、耐油性、耐水性の良好な接着剤がほしい。
2.接着剤の塗布方法で小径金属部品を大量に処理できる方法を
  教えてほしい。
3.液体封入エンジンマウントで、耐熱性が良好な接着剤がほしい。
4.金型汚れの少ない接着剤がほしい。
5.塗装の塗着効率を向上したい。
6.ジョイントブッシュ部品のゴムの割れ不良を対策したい。
7.TPE(サントプレン等)と金属との接着はできますか?
8.ゴムとゴムとの接着はできますか?

4. 無料回答と 有料回答の目安

すべての質問や問い合わせについて、最初の回答は無料とします。

2回目以降で 以下のような場合は有料での回答となります。
1)接着試験の実施にもとづく回答
2)接着剥離現物の分析の実施と原因解析
3)不良対策のためのアドバイス、コンサルタント
4)新規ゴム金属複合部品の開発プロジェクト
5)接着技術研修会、教育、実習などを引受けます。

5. 加硫接着試験、 加硫接着試験のための加硫接着剤、ゴムコンパウンド 手配も授かります

ラバーステーション(渇チ藤事務所)では、加硫接着試験の受託、また試験のための加硫接着剤、ゴムコンパウンドの用意も 有料にてお受けしております。
費用についてはメール、電話(Tel03-5645-8670)等でお問い合わせください。 

6. 世界中からすぐれたゴム・金属の接着剤を取り寄せ、販売いたします。 

詳細についてはメール、電話(Tel03-5645-8670)等でご相談ください。

7. 加硫接着剤のリンク集

THIXON、MEGUM: Rohm&Haas (Dowchemical)  
メタロック METALOC: 東洋化学研究所
CHEMLOK: ロードコーポレーション
CIL BOND: ケミカルイノベーション 

これらのサンプルの手配、接着剤の販売もいたします。
ご質問いただいた情報は第三者には漏洩いたしません。(加藤事務所及び回答者)

ゴム報知新聞オンラインニュースゴムタイムス紙ポリファイル(高分子と化学の技術情報誌)、米国Rubber & Plastic News紙米国RubberWorld誌欧州Europian Rubber Journal誌英国British Plastic & Rubber誌
更新日2010/07/01
All Rights reserved byShinichi Kato Office
このラバーステーション、ゴム情報リンクのすぺてのページについて、無断転載を禁じます。
−加藤事務所−